1

プロミス 
プロミス 当日14時までにWEB契約すれば即日融資可能!
24時間対応だから、思い立ったらキャッシング可能
お借り入れ3秒診断は非常に便利!
メールアドレス登録とWeb明細利用は必須!30日間無利息!
即日でキャッシングしたいと考えている方にイチオシなのがプロミス!プロミスでは、メールアドレス登録とWeb明細利用を登録することで30日間無利息になりますから、利息を気にせず利用できるという絶大なメリットがあります。

プロミス 

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~17.8%
1万円~500万円
最短30分

2

レイク
レイク年収3分の1以上、総量規制対象外の借り入れしたい方ならココです!
初めてのご利用の方30日間全額無利息!
安心の新生銀行のカードローン
即日でカード発行可能

レイク

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1万円~500万円
最短30分

3

アイフル
アイフルアイフルなら1000円からご融資が可能!
最短で即日融資もできます。24時間ネットで申込可能!
来店不要!
最短30分で審査完了です!

アイフル

実質年率
融資限度額
審査結果
4.5%~18.0%
1~500万円
最短30分

アコム
アコム平日の14時までなら、即日振込可能が可能なアコム!
24時間ネットで申込可能!CMでも話題!
もちろん面倒な来店は不要!
必要書類はネット上で提出できます!

アコム

実質年率
融資限度額
審査結果
3.0~18.0%
1~500万円
最短30分

モビット
モビット三井住友銀行グループのパーソナルローン
10秒で簡易審査結果表示
24時間インターネットサービス受付
当日融資可能

モビット

実質年率
融資限度額
審査結果
3.0~18.0%
1~500万円
最短30分

消費者金融で既にキャッシングを利用している場合でも、銀行でキャッシングをすることは可能です。

しかし、審査で合格する確率が低くなるのは間違いありませんので、キャッシングをするなどといった努力は必要かと思います。

銀行と消費者金融でのキャッシングの違いの一つとして、銀行の場合は総量規制の適用がないので、絶対とはいえませんが、消費者金融と比べ多額のキャッシングを行える場合があるということです。

もし、審査で不合格となった場合は、それは銀行側からの信用度がそれほど高くないことを示しています。

例えば、50万円しか返済できそうにないのに、100万円の貸し出しはできないといった感じです。

キャッシングを申し込んだ人がどれぐらい返済していけるのか?といった点に関しては銀行側も100%読み取れるわけではありませんが、審査では申し込んだ人の収入、仕事、入社してからの期間、他の会社からのキャッシング状況によって合否を決定しています。

銀行の審査

銀行が審査を行う時には主に次の4つを見て合否を判断します

銀行の場合は1年間の収入の1/3以上のキャッシングを行えることになっていますが、絶対にそれが可能とは言い切れません。

実際には消費者金融、信販会社と金額的にはそれほど変わらないと思っていただいてよいでしょう。

審査で最も有利なのはやはり正社員であり、公務員などの場合は審査でも合格できる確率が高くなっています。

ただ、パートやアルバイトの人でも正社員よりはキャッシングできる金額は減ってしまいますが、キャッシングを行うことは可能です。

また、パートやアルバイトの人の場合は限度額を50万円までにするべきとは言いますが、他の会社からもキャッシングを行っている人はそれより少ない金額でお申込みした方がよいかと思います。

実際には総量規制の適用がない場合でも、総量規制の適用があると思ってお申込みすると審査で合格できる確率も高くなるのです。

入社してからの年数に関しては、長い人の方が毎月一定の収入を得ていると見なされ、審査でも合格しやすくなります。

年数としては3年以上が望ましいとされていて、逆に3年に満たないと審査で不合格となる確率が高くなる傾向があり、1年に満たないとさらに不合格となる確率が高くなってしまうので、自分が現在の会社にどれぐらい勤めているのかをチェックしてからお申込みをするようにしてください。

ただ、入社してからの年数についてはそれほど重きを置いていない銀行も存在します。

他の会社からもキャッシングを行っている場合、銀行側ではキャッシングを行っている金額やキャッシングを行っている会社の数をチェックし、もちろんそれらが少ないことに越したことはありません。

他の会社から多くのキャッシングを行うというのは、その人の収入が少ないことを証明しているとも言えますので、キャッシングの金額が多くなるに連れて、返済を行えなくなる可能性が高くなってしまうわけです。

多重債務者という言葉がありますが、これは複数社からキャッシングを行っている人のことを示す言葉であり、審査ではキャッシングを行っている金額に関係なく1社しかキャッシングを行っていない人よりは不利となってしまいます。

このように、他の会社からはキャッシングを行わないのがベストあり、3社未満であれば諦めるのはまだ早いですが、3社からのキャッシングが存在する場合は非常に苦しくなってくるでしょう。

キャッシングを行っている会社が数多く存在する場合は、一本化などで件数を減らしてからお申込みするようにしてください。
タブレットを見る女性 ビジネス

銀行のおまとめローンを利用した方がよいのか?

現在消費者金融でキャッシングを利用している人の場合は、銀行でおまとめローンを利用するというのも一つの手であり、お申し込みをする時点で使途が定まっていることで合格できる確率も高くなると言えます。

また、『多目的ローン』も銀行では取り扱っており、いろいろな目的で利用できるといったメリットがありますが、目的がきちんと定まっているローンよりは審査で合格する確率は低くなってしまうのです。

銀行のように金利が低いところで借金を一つにまとめられれば、多重債務者として扱われることもなりなりますし、金利が低くなることで返済の負担も小さくなります。

返済に苦しんでいる人というのは、金利分の返済だけしか行えず元金の返済ができていないケースが多いため、元金の返済金額を多くするという意味でも銀行のような金利が低いところでおまとめローンを利用するのがベストです。

キャッシングの返済は元金を減らさなければ、いつまでも返済が続くことになっています。

銀行でキャッシングを行う際の注意点とは?

審査前の注意点として、他の会社で返済を行っていないものが残っているといったことが挙げられます。

返済の遅れが3カ月を超えるとブラックリストへの登録が行われ、3カ月を超えていなくてもそれが何度も続くと銀行からの信用度はかなり低くなってしまうのです。

その他注意したいのは、お申し込み時の金額をできるだけ小さくするといったことであり、それによって審査で合格できる確率も高くなります。

銀行、消費者金融に関係なく審査で合格したいのであれば、50万円以上の金額でのお申し込みは避けた方がよさそうです。
imasia_10952071_XL

消費者金融 即日
消費者金融 即日
消費者金融 即日

fotolia_50428140_subscription_monthly_m

アコムでの即日キャッシングの方法

アコムにてお申し込みをしたその日のうちにお金を受け取ることが出来るようにする為のテクニックについてお話していきたいと思います。
アコムは消費者金融の中でも、最も利用されている消費者金融であり、以前から独特なコマーシャルによって、皆に知れ渡っている会社であります。
まずは、要点だけをまとめると、全部で3つ挙げることが可能です。
1つ目は、キャッシング可能な上限金額は20万円から30万円とすること、2つ目は、お申し込みはWEBで行ない、キャッシングのカードは”むじんくん”で受け取ること、3つ目は、提出することを求められている書類は前もって準備すること、以上の3つとなります。
さらに、お申し込みをしたその日のうちにお金を受け取る為には、まずは審査で合格しなければならないので、そのことを実現するにはどうしたらよいか?ということを考えた上でお申し込みを行なうようにしなければいけません。

では先ほどの3点についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。
1つ目については、キャッシングを行なおうとする際に、上限金額を50万円以下とすると収入を証明する書類を会社側から求められません。
そういったことから、きわどい金額でお申し込みをする時に比べ、20万円から30万円といった金額でお申し込みを行なう方が、審査ですぐに合格が出る確率が高いと言えます。
また、アコムを利用したことがない方がそこでキャッシングを行なおうとする際には、その利用者の信用に関する情報はゼロであるため、会社としても冷静に見極めていくようにしています。
ある方の体験談によると、上記のように初めてであっても上限金額を30万円としたら、時間がかからずに審査で合格出来たようです。
したがって、金額としては20万円から30万円あればやっていけるという方であれば、高望みせずにこの範囲でとどめておいた方がよさそうです。
2つ目は、むじんくんを利用するといった話ですが、これは現在においてはパソコン、スマートフォンを用いて、容易にお申し込みが可能となっており、会社側で求められる書類に関しても、Eメールもしくは画像のアップロードで終わらせることが可能となっております。
このように言うと、WEBを用いてお申し込みをすることによって、むじんくんのあるところまで足を運ばなくても、銀行口座への振込みによってその日のうちにお金を受け取れるのでは?と思われがちですが、銀行口座への振込みを利用して、その日のうちにお金を受け取るためには、お申し込みを午後2時30分までに終わらせておかなければならず、それを逃すと次のアコムの開店日となりますので、100%このことを実現したいのであれば、キャッシングのカードをむじんくんで受け取るようにして、そこに設置されているATM等でキャッシングを行なうようにした方が賢明と言えます。
3つ目にいく前に、先ほども少し触れた銀行口座への振込みについて、少し見ていきたいと思います。
今回は、振込みを行なう銀行の口座次第ではWEB上で全てを済ますことが出来て、かつその日のうちにお金を受け取れるといった話をしていくわけですが、アコムを利用する方であれば、楽天銀行を開設しておくことによって、前述のようにWEB上で全てを済ますといったことが可能となり、さらに1年中お好きな時間にキャッシングを行なうことが出来るといったメリットがあります。
ただ、システム管理等を行なっている間はキャッシングを行なうことは出来ませんので、御注意下さい。

楽天銀行の口座がおすすめ

楽天銀行の口座をお持ちの方であれば、是非1度御利用になられることをお勧め致します。
楽天銀行の口座をお持ちでない方であっても、ゆうちょ銀行以外では午後2時30分までの間に審査と振込みのお申し込みを終わらせておくことによって、お申し込みを行なった日にお金を受け取ることが可能とされています。
ちなみに、ゆうちょ銀行の場合は午後2時となっておりますので、御注意下さい。
次に、先ほどの話に戻り、3つ目について見ていきたいと思います。
これは、その日のうちにお金を受け取るためには大事なことであり、お申し込みを行なう際には、本人を確認出来る書類が求められることになり、前もって用意しておく必要があります。
また審査には在籍確認も含まれていますので、お申し込みを行なう時間が深夜となった場合や日祝日といった会社が休みの時ですと、書類を用いて在籍確認を行わなければなりません。
この際に利用可能な書類としては、前月の給与明細、会社の保険証、会社の身分証明書、前年の源泉徴収となり、こういった書類を用意しておくことによって、会社への電話なしでも在籍確認を終わらせることが可能となっています。

まとめ

最後にこれまでのことをまとめていくと、アコムにてお申し込みしたその日のうちにお金を受け取るためには、キャッシングの上限金額は20万円から30万円の間でお申し込みを行なうこと、WEB上でお申し込みを終わらせておき、キャッシングのカードのみをむじんくんで受け取るようにすること、アコム側で求められる書類は前もって準備しておくこと、以上の3つが大切になってきます。
この3点を意識して、お申し込みの手続きをすることによって、その日のうちにお金を受け取ることが可能となるでしょう。
また、何が何でもその日のうちにお金を受け取りたいのであれば、このような希望についてアコムの社員と相談を行なってから、お申し込みをすることによって、さらにこれを実現出来る可能性が高くなるでしょう。

fe8bedcb8093462de4b49a92b08496c9_s

即日融資を受けるためにはお申し込みをする時間に注意しなければならない

即日融資を受けるとなった場合、一番注意しなければならないのは、お申し込みをする時間であり、審査などの工程をすべて終わらせてお金を手に入れるとなった場合には、午後2時にはお申し込みが完了していなければなりません。

この際、利用すると便利なのがインターネットを利用したお申し込みであり、1日を通していつでもお申し込みを行えるようになっています。

また、提出する書類の数も少ないため、お申し込み時に手間がかかるということがありません。

そして、より確実に即日融資を受けたいのであれば、朝会社に行く前にお申し込みを済ませておくのがよいかと思います。

消費者金融における審査で早く合格を勝ち取るために必要なこと

消費者金融における審査で早く合格を勝ち取るためには、消費者金融側で行うお申し込み者に関する確認作業と、提出した勤め先に本当に勤務しているのかどうかに関する確認作業にいかに時間をかけないが重要になってきます。

前者については、お申し込みをした人の携帯電話に電話をかけることで行われるため、特に問題はないかと思いますが、後者の場合は自分が会社にいる時間に行ってもらう必要があるのです。

ただ、勤め先への電話に関しては、こちらで時間を決めることが可能ですので、自分が100%会社にいる時間帯に電話をかけてもらうようにして自ら電話に出れば問題はないかと思います。

上記のことをクリアした後は契約を行い、ローンカードを受け取ることとなるわけですが、ここでも必要なことがあります。

それは、ローンカードの受け取り場所を自宅から近い自動契約機とし、郵送にはしないということです。

自動契約機にすれば郵送よりも早くローンカードを受け取れますし、会社からの帰宅途中にお金を受け取ることも可能となるので、非常に便利かと思います。

アイフルでキャッシングを行う際の審査で気をつけたいことや、利用者からの評判をご紹介

1.借入を行う場所
2.どこの消費者金融を利用すべき?
3.どこで借入を行ったらよいか分からない時は?

キャッシングは非常に利用しやすく、お金が足りない時には必要不可欠となってくるため、ぜひとも賢く利用していきたいところです。

近頃のキャッシングは利便性の高さのみならず、お金を手に入れるまでの手続きもシンプルなものとすることで、より利用しやすくもなっているのです。

キャッシングを利用する際に多くの人が心配する、キャッシングを行っていることを誰かに耳に入るという点に関してもそうならないよう、きちんと対応してくれるため、気楽にお申し込みをしていただければと思います。

借入を行う場所

借入を行う際の一番大切な点は、どの会社から借入を行うのかといった点です。

同じ消費者金融でも、会社によって行われているサービスは少しずつ違ってきます。

自分が希望する借入金額や、すべて返し終わるまでの期間を踏まえ、自分に一番合っていると思う会社を探し出すようにしてください。

・これまで借入を行った経験がないのであれば、有名な会社を選択するようにしてください。
・借入を少しでも行ったことがあるなら、今利用していない会社を利用するというのも一つの手です。

近頃の消費者金融の多くは、取り扱っているサービスの質が非常によくなっており、信頼が置けるものとなっていることから、ほとんど心配をすることなく利用できるかと思います。

ただ、中には法律で認められていない金利を設定しているところや、返済を少し遅らせただけで、あり得ないような厳しい対応をするといったところもいくつか存在するのも事実です。

長く利用していくためにはこちらが不安に思う点がないといったことが条件となってきますので、これまで借入を行った経験がない人であればなおさら有名な会社を利用した方がよいと言えます。

どこの消費者金融を利用すべき?

有名な消費者金融と一口に言っても、何社か存在するわけですが、特にアイフルは多くの人に知られていて、行っているサービスも優秀と言えますので、これまで借入を行ったことがない人に利用していただきたい消費者金融であると言えます。

通常消費者金融を利用するとなった場合には初めに審査が行われますが、アイフルの場合は審査をそれほど厳しくは行っておらず、きちんと収入を得ている人なら、問題なく利用できるのです。

審査で不合格となりにくいといった点は、借入を行う際には非常に大切な点であり、借入を行える、行えないだけにとどまらず、お金が手に入るまでに要する時間とも関係していきます。

急いでお金を手に入れたい人が多いでしょうから、それを考えても審査にそれほど時間がかからないアイフルは利用する側から見ても非常に貴重な存在となっているわけです。

どこで借入を行っていいのか分からないという人は、有名な会社を選択しておけば失敗するようなこともないでしょう。

どこで借入を行っていいのか分からなくなった場合は?

有名な会社であれば安心だということを聞いても、一歩を踏み出せない人というもいらっしゃるでしょう。

その場合はその消費者金融の利用経験者による評判をチェックするのがよいかと思います。

そうすることで、借入を行う際の不明点や、心配な点がなくなり、安心してお申し込みを行えるようになるでしょう。

インターネットには数多くの評判が存在していて、会社の良し悪しがはっきりと分かるようになっていますので、利用してはいけない会社に関しても容易に分かるわけです。

その他、借入を行うにあたっての細かな条件や電話応対者の評価、返済が遅れてしまった時に必要な行動などといったように、非常に有益な情報が評判を通して得ることが可能ですので、可能な限り目を通しておくのがよいかと思います。

ただ、個人的な印象が強すぎるものが中には存在するということも忘れてはなりません。

印象に関しては人それぞれ違って当たり前なのですが、インターネットなどに掲載している評価を信用しすぎるのも決してよいこととは言えませんので、検討材料の一つとして捉えるのが一番かと思います。

とはいえ、アイフルなどの大手消費者金融の場合は、非常に満足している人が多くいらっしゃるようですので、借入を行うなら大手消費者金融を利用した方がよいでしょう。

51512dc3607838ded65b4606515159aa_s

プロミスの借り入れ

消費者金融の大手であるプロミスでは、お申し込みをした日に借入を行えるようになっています。

かつて即日融資と言えば、消費者金融ならではのサービスとして存在していましたが、近頃は銀行においても即日融資のサービスを取り扱うところが増えているようです。

しかし、両者の間には大きく異なる点があるので、十分検討した上で、自身にとってベストとなる方を選択していく必要があります。

当日中に借入を行う際の審査で気をつけたいこととは?

ここではプロミスを例に挙げて、お話ししていきたいと思います。

当日中の借入が可能な会社であっても、必ずしもそれが可能になるとは限りません。

つまり、やり方を誤ってしまうと当日中に借入を行えない可能性も十分あり得るのです。

ですから当日中に借入を行いたいのであれば、その際に行われる審査をパスするために必要なことをきちんと把握して、借入までこぎ着けるための努力が必要となってきます。

インターネットを利用してプロミスにお申し込みする際は、『すべての項目』を入力する方を選択しましょう。

プロミスではインターネットを利用してお申し込みする人が多くなっていますが、お申し込みを月曜日から金曜日の午後2時までに行わなければ、当日中に審査が行われないことがあるのです。

もし、午後2時に間に合わなかった時は審査をパスした後、無人契約機に足を運べばその日のうちにお金を受け取れる可能性は残されています。

そして、インターネットでお申し込みをする際、『簡単入力』といったお申し込み方法が存在し、これを選択すると入力する項目が少ないため、一見に便利に思えますが、お申し込み後に電話でいろいろとチェックされることとなってしまうのです。

ですから、インターネットでお申し込みをする場合は、『フル入力』を選択した方がよいかと思います。

入力には多少時間がかかってしまいますが、『簡単入力』を選択してその後30分から1時間、プロミスの担当者の質問に答える負担と比べれば、断然『フル入力』の方が負担は小さいかと思います。

プロミスでは審査を行う際、どのような点を見ているのか?

プロミスでは、お申し込み者の1年間の収入、現在の勤め先や、勤め始めてからの期間、他の会社からの借入などといったことをチェックしています。

上記で挙げたこと以外にも結果に関わってくるものは存在しますが、上記で挙げたものについては会社で定めている基準に達していればよいと考えるのではなく、できれば大きくクリアしている状態でお申し込みをしたいところです。

ちなみに消費者金融のプロミスは貸金業法に則って業務を行っているわけですが、先ほど挙げた審査項目に関してもう少し詳しく見ていきたいと思います。

1年間の収入について

貸金業法に則って業務を行っている会社では総量規制が存在し、自身の1年間の収入次第で限度額が決定することとなっています。

また、限度額に限りなく近い金額でお申し込みを行った場合、その金額より限度額が下がってしまうことも十分あるようですので、ご注意ください。

現在の勤め先について

勤め先については、大きな会社で勤めている人ほど、有利になると思っていただいてよいでしょう。

だからと言って、小さな会社だと審査では非常に不合格になりやすいとまでは言えませんので、ご安心ください。

大きな会社で勤めていれば、審査で合格しやすいとは言えますが、お申し込み者が今後どれだけ収入を増やせるのか?といった点や、他の会社からの借入、収入の金額の方が会社の大きさよりも重要なのです。

勤め始めてからの期間

仮に大きな会社ではないところで10年勤めている平社員の人がいたとしましょう。

この場合、その先も出世や給料がアップする見込みがないとなれば、信用度は低くなってしまいます。

つまり、役職も重要ではありますが、「10年間その会社で働いて、どれぐらい給料が上がったのか?」といった点の方が信用度を左右しやすいのです。

ですから、10年前と比べてほとんど変わらない給料であり、この先も給料アップなどが望めないといった人の場合は、それほど大きな限度額とならないと思った方がよいでしょう。

他の会社からの借入

総量規制が適用されるようなところでは、1年間の収入と他の会社からの借入金額の比率が大切だと言います。

総量規制が適用されるところでは、最初から借入可能な金額が定まっていることから、自分の会社ではあまり大きな金額を貸し出しを行えないということが分かると、審査で不合格となる確率が高くなることもあり得るのです。

また、1年間に500万円稼いでいる人で、ある消費者金融にお申し込みの段階で他の会社から100万円を借りていた場合、残りおよそ70万円の借入が行える計算となるわけですが、実際に設定される金額は50万円ぐらいと考えてよいでしょう。

このように金額が少なくなってしまうのは、500万円という金額そのものが通常の会社員の平均的な年収の金額であり、それにもかかわらず借入を行わなければ生活ができないといった点が消費者金融に悪い印象を与えてしまうためです。

当日中に借入を行うためには、これまでに挙げたチェック項目をクリアしているのかを確認するとともに、お申し込みの仕方、お金の受け取り方に関してもきちんと考えておくようにしてください。

審査で合格した後にすること

最初に考えるのは、30日間の金利がかからないサービスの利用についてですが、このサービスはEメール、インターネット明細の登録を行いさえすれば利用できるサービスとなっているため、ぜひとも利用していただきたいサービスと言えます。

このサービスは初めて利用する人限定で30日の間は金利がかかることなく借入を行えるといったもので、借入の回数にも制限が設けられていません。

そして、プロミスでは三井住友銀行、あるいはジャパンネット銀行を利用している人であれば、1日を通して好きな時間にお金を振り込んでもらえるといったサービス(瞬フリ)が存在します。

お金を振り込んでもらった後、すぐにコンビニでお金を引き出すことが可能なため、突然お金を必要とするできごとにも対応が可能です。

また、瞬フリを利用しなくても銀行の口座にお金を振り込んでもらうことは可能ですが、この場合は月曜日から金曜日の午後2時までに契約を済ませておかなければなりません。

この時間を過ぎてしまうと、次の日にならないと借入が行えない場合があるので、注意が必要です。

32

消費者金融を選択することが重要

不安に思うことなくカードローンを利用したいのであれば、信用度の高くリスクのない消費者金融を選択することが大変重要です。

不安に思わないといった点では、大手の消費者金融の右に出るところは存在しません。

消費者金融以外にも銀行でも借入は行えますが、消費者金融よりも合格しにくいとも言いますので、もし利用する場合はこのことを頭に入れてお申し込みするようにしてください。

大手消費者金融の具体例

大手消費者金融の具体例としてはアコムが挙げられ、アコムは消費者金融が誕生した当初からすべての消費者金融を引っ張ってきた存在であるとも言えます。

テレビやラジオでコマーシャルを流し、新聞にも広告を掲載していることも影響してか性別、年齢問わずあらゆる人に名前が知れ渡っているのです。

アコムなら不安に思うことなく利用が可能とも受け取れますので、これまで借入の経験がない人なら、ぜひともアコムを利用してみてください。

さらにアコムでは初めて利用する人に限り、借入金額とは無関係で30日の間金利がかからずに借入を行えるといった利点も存在します。

このサービスを利用すれば、借入金額次第では2、3万円以上金利分を安くできるということもあり得るのです。

しかし、現実的なことを言えば、初めて利用する人の場合の限度額は50万円となるケースが多いため、安くできる金額が1万円を超えるといったことは少ないかと思います。

それでも安くできた1万円を返済用のお金として利用すれば、その後の返済負担が減るため、大きな利点なるのは間違いありません。

アコムの金利

アコムでは平成29年の段階で、4.7%から18%の範囲で金利を設定しています。

グレーゾーン金利が存在していた時はそれが30%であったことを考えれば、大変良心的な金利であると言えそうです。

できることなら4.7%で利用していきたいところですが、初回の契約でそのような金利となることはまずあり得ません。

ただ、大抵は18%前後の金利となるので、先ほどの金利がかからないことに対する恩恵は十分受けられるものとも言えます。

アコムの場合、他と比べて特別金利が低くはなっていないものの、借入が可能な最高金額が500万円となっており、一般人が突然お金を必要とするできごとに遭遇した場合でも全然心配のいらない金額が設定されているのです。

ちなみに、500万円が限度額となった場合は、4.7%の金利で借入が行えるようになっています。

つまり、限度額が上がるに連れて低い金利での利用が可能になるということです。

審査でチェックされる項目や実際に借入を行える金額について

インターネット上では、「不合格だと思っていたのに審査をパスできた」という情報やあるいはその逆の情報など、たくさんの情報が掲載されているため、お申し込み時の不安を解消してくれるといった場合もあると言います。

しかし、他の人と100%同じ条件であっても、必ずしも自分もそうなるとは限らないので、頭の片隅に置いておく程度にしておいた方がよいでしょう。

審査においては、1年間の収入、他の会社からの借入、信用情報など、いろいろなことをチェックしています。

中でも1年間の収入に関しては、限度額や総量規制とも関係してくるため、どこの消費者金融においてもチェックされてしまうのです。

総量規制が存在するところでは1年間の収入の3分の1を超える金額の借入を行うことは不可能となっています。

ですから、仮に1年間の収入が300万円の人の場合は100万円、100万円の人の場合は33万円程度が限度額となるのです。

借入を行える金額に対する制限とは?

消費者金融は借入を行うのが容易と考えられていますが、不合格となる人もいらっしゃいます。

審査を受ける際に気をつけたいのは、高い限度額でお申し込みを避けるといった点や、総量規制に引っかからない金額でお申し込みをするといった点、3社以上から借入を行っていない状況でお申し込みをするといった点、短い期間でたくさんの会社にお申し込みをしないといった点、他の会社で返済を遅らせるようなことをしないといった点などです。

言うまでもなく、高い限度額となるに連れて厳しい審査が行われることになっています。

これはカードローンに限らず、どのようなタイプのローンでも同じであり、例えば自動車よりも家を購入する時に利用するローンの方が審査は厳しく行われるのです。

消費者金融を利用する際には、収入に見合った限度額とすることが重要であり、年収の3分の1近くまで借りようとしている人は不合格となる可能性が高いということも忘れないようにしましょう。

消費者金融では総量規制が存在するため、1年間の収入の1/3を超える借入は行えません。

この場合の借入は、今お申し込みを行うところ以外の借入も含めて1/3ということになっています。

そのため、1年間の収入が300万円の人で、すでに100万円の借入が存在するとなった場合は消費者金融以外から借入を行うことを検討していかなければなりません。

ただ、おまとめローンやビジネスローンなど、総量規制の対象とはならないケースも存在するため、そのあたりはあらかじめ話を聞いておくようにしてください。

このように消費者金融の場合は銀行とは異なり、総量規制によって1年間の収入の1/3を超える金額の借入が行えないことがデメリットであるとも言えます。

また、借入を行っている会社の数が多い人の場合も、審査で落とされる可能性が高くなっているのです。

借入を行える会社の数にも制限は存在する?

借入を行える会社の数については貸金業法の改正後、より厳しいものへと変化したようです。

以前は10社から借入を行っていることも珍しくはありませんでしたが、現在は4社からの借入は行えないものと考えた方がよいでしょう。

そのため、すでに借入を行っている会社が3社となっている人の場合は、新たな会社でお申し込みをしても不合格となる可能性が高いかと思います。

借入を行っている会社は存在しないことに越したことはありませんが、これまで借入を行ったことがない中高年の人でも不合格となる可能性が高いようです。

これは、過去に消費者金融を利用していればその実績を見ることで、消費者金融側でもお申し込み者のことを信用しやすくなるためであります。

消費者金融は20歳未満でなければ利用が可能ですので、早いうちに利用しておくのがベターです。

お申し込みを行い過ぎるのは厳禁

短い期間でたくさんの審査を受けてしまうと、『申し込みブラック』と判断されることもあるのでご注意ください。

お申し込みは1回につき1社とするべきであり、1回に5社に申し込めば1社は合格になるとは考えないようにしましょう。

審査は回数を重ねるだけ不合格となる可能性が高くなり、1社目よりも2社目の方が不合格となる可能性はより高まります。

審査は1回で合格を勝ち取る気構えで受けなければならないのです。

1回で合格を勝ち取るためには、極力低い限度額でお申し込みをして、合格できる可能性を高めることが重要と言えます。

他の会社での返済の遅れに注意

他の会社からも借入において返済を遅らせた経験がある人は、信用情報機関に名前が残っていることも考えられます。

3カ月返済を遅らせれば、審査では不合格となってしまうようです。

ブラックリストに名前が残るのは債務整理を行った時に限ると思われがちですが、上記の場合でも名前が残されてしまうという点にご注意ください。

また、3カ月ではなく短期間の遅れであっても、消費者金融からは警戒されるので、不合格となる確率は高くなってしまうかと思います。

カードローンの場合、わずか1日でも返済を遅らせてしまうと信用度はかなり落ちてしまうものであり、そのようなことを何回も行ってしまうと、増額も行えなくなることもあり得るため、返済を行える範囲内で借入を行うことを意識するようにしてください。

返済の遅れというのは、単純に忘れてしまうことで発生するというのは私たちが思っているほど多くはないようで、大抵は返済するお金が足りないことで発生するようです。