20c467dd1e5360a7baedc9c6333cf454

キャッシングにはアコムやプロミスなど消費者金融のキャッシングの他
クレジットカードや銀行カードローンでもキャッシングが利用できます。

銀行カードローンでのキャッシングは、消費者金融のキャッシングよりも金利のが低く
最高限度額も大きくすることができますが、申し込み方法や仕組み利用方法などは
消費者金融のキャッシングと基本的には同じになります。

クレジットカードの場合、カードを作るときにキャッシング機能を付けるかどうか
自分で選ぶことができますが、その手軽さからキャッシング機能を付けている方が多いようです。

どこのキャッシングも手軽にお金を借りることができますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシングは
金利が高くなりますので、高額融資を長期間に渡り利用する場合は、金利が低い銀行カードローンをお勧めします。

キャッシング比較

消費者金融 ・・・ 審査は比較的甘め。
          最高限度額800万円、初回限度額50万円以下。
          申し込み方法は、ネット申し込み・自動契約機・店頭窓口・電話・郵送になります。
          借り入れ方法は、ネットかATMを利用します。
          返済方法は、ATM・銀行振り込み・口座振替から選ぶことができます。

クレジットカード・・審査は比較的甘め。
          最高限度額は数百万円、初回限度額30万円以下。
          申し込み方法は、ネット申し込み、店頭、郵送になります。
          借り入れ方法、ATMかネット。 
          返済方法は基本的には口座振替のみ。

 銀  行 ・・・ 審査は厳しいです。
          最高限度額は1,000万円、初回限度額100万円以上
          申し込み方法は、ネット申し込み、銀行窓口、郵送になります。
          借り入れ方法、ATMかネット。
          返済方法は、口座振替、銀行振替、ATM

消費者金融やクレジットカードは比較的審査に通りやすいといわれています。
銀行カードローンは審査は厳しくなりますが、消費者金融やクレジットカードを比べると
借入金額によっては金利がかなり低くなります。

キャッシング機能が付いたクレジットカードをすでにお持ちの場合は問題ありませんが
新たにカードを発行するためにには時間が掛かります。
切羽詰まった状態で、すぐにお金を借りたい場合は、即日カード発行、即日融資が可能な
消費者金融のキャッシングを利用するとよいでしょう。
ただしクレジットカードの中でもアコムのACマスターカードは、カーを即日発行することが可能です。

銀行カードローンの場合は、初回から限度額が100万円以上になる可能性があります。
しかし、どこのキャッシングを利用した場合も、基本的には、初回の借入限度額は少なくなります。
限度額を増額するためには、契約期間の長さや返済実績を積み重ねる必要があります。

消費者金融

テレビCM等で耳馴染みのある、アイフル・アコム・プロミス・ノーローン・モビットなどは
消費者金融と呼ばれ瑠貸金業者になります。
消費者金融の融資商品は、キャッシングやカードローンの呼称でサービスを提供しています。

消費者金融と聞くと、ちょっと怖いと感じる方いるのではないでしょうか。
しかし、本当に怖いのは、ヤミ金と呼ばれるような悪徳業者のことで、消費者金融は
貸金業法に則った、しっかりした企業ですから、法外な利息を請求されたり、暴力的な取り立てにあうことは一切ありません。。

また消費者金融の中でも、アコムやプロミス、モビットなどは銀行の傘下に入っている
堅実な業者ですので安心して利用することができます。

消費者金融のキャッシング申し込みから返済まで

消費者金融は総量規制の対象となります。
そのため借り入れは、年収の3分の1までと法律で定められています。
また、少額の借入の場合は収入証明書を提出する必要はありませんが
50万円超の借り入れの場合は収入証明書の提出を求められます。

申し込み方法
店頭での申し込みもできますが、現在は、インターネットを利用したWeb申し込みや
自動契約機を利用した申し込みが主流になっています。
また郵送での申し込みも受け付けていますが、時間が掛かるため、利用者数はあまり多くありません。

借り入れ方法
申し込み同様、店頭窓口でお金を借りることができますが、銀行振り込みやATMを利用して引き出す方法が主流です。
ATMは銀行やコンビニATMを利用することができます。中でも身近なコンビニのATMを利用した借り入れが人気があります。

返済方法
銀行振込、カード返済、口座振替のうち好きな方法を選ぶことができます。
忙しい人には自動的に口座から引き落とされる口座振替、手軽さならカード返済がお勧めです。

銀行カードローンの申し込みから返済まで

銀行のキャッシングは、一般的にカードローンと呼ばれていますが、内容的には
キャッシングと変わりありません。

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行などのメガバンクの他、信用金庫や
オリックス銀行、新生銀行カードローンレイクなど、消費者金融が傘下に入っている銀行や地方銀行
楽天銀行などのネット銀行など、多くの金融機関ががサービスを提供しています。

どこの銀行もそれぞれ特色がありますので、希望するサービスを提供してくれる銀行や
自宅近くの銀行、使い慣れた銀行など、自分に合ったところを利用するとよいでしょう。

申し込み方法
銀行のキャッシングの申し込みは、カード発行までのストレスが少ないネット申し込みが主流ですが
各支店のATM付近に設置されたテレビ窓口やローン契約機を利用することもできます。
ネット申し込みは24時間対応可能ですが、即日融資を受けたい場合は申し込みの時間帯に注意が必要です。

三菱東京UFJ銀行や三井住友銀行などで設置されている、ローン契約機を利用する場合
契約機がある店舗まで出向く手間はかかりますが、その場でカードが発行され即日融資を受けることも可能です。

借り入れ方法
主流はATM借入ですが、銀行振込に対応している銀行もありますので、用途によって使い分けるとよいでしょう。
ただし、借入銀行振込を利用するためには、借入先の銀行口座が必要になります。

返済方法
口座振替やATM返済が一般的です。
ATM返済の場合は借入先の銀行口座を持っていなくてもお金を借りることができますが
口座振替での返済を希望する場合は、借入先の銀行口座が必要になります。

クレジットカードの申し込みから返済まで

クレジットカードはJCB・マスターカード・アメリカンエクスプレス・三井住友VISAカードなどのメジャーブランドや
楽天カード・yahoo japanカード、AEONカードなどの流通系カードなど、数多くのカードが存在します。

アメックスカードなど、一部のクレジットカードはキャッシングを扱っていませんが、多くのクレジットカードは
カードの契約時にキャッシング機能を付けるか選ぶことができます。
多くの場合、キャッシング枠は10~30万円程度となります。

申し込みと借り入れ方法
クレジットカードのキャッシングは、キャッシング機能を付けてあるカードの場合は
キャッシング専用ATMやコンビニATM・ネットキャッシングをすぐに利用できますので、お手軽で便利です。

ただし、キャッシング機能を新たに付ける場合や、新たにカードを発行する場合は
時間が掛かるため、即日融資を受けることはできません。

返済方法
ショッピングと同時に、明細書の送付、請求がされるのが一般的ですので、返済もショッピングと同時に引き落とされる
口座振替を利用される方が大多数です。
クレジットカードのキャッシングは、一括返済が基本となり消費者金融や銀行とは一線を隔しています。
リボ払いを利用することも可能ですが、金利は高く、一括払いは無利息のカード会社もありますので
クレジットカードのキャッシングは、一括では返済できる金額を借りることをお勧めします。

クレジットカードのキャッシングの限度額は小さいですが、増額も可能です。
長くカードを利用していると、自分で総額の申し込みをしなくても
カード会社の方から、増額の申し込み用紙が送られてくることもあります。

クレジットカードも消費者金融と同じく総量規制の対象となりますから
50万円超の借入の際は、収入証明書の提出が必要になります。